AIを導入するためには何をすべきなのか?

AIはもはや遠い存在ではなく、業界や業種を問わず急速に広がっています。

人工知能(AI)が、産業革命以来かつてないインパクトでビジネスを変えつつあります

AIの活用は、決して製造業やハイテク企業に限ったことではなく、小売・流通業や物流などなど、業界や業種を問わず急速に広がっています。

そして既に多くの企業が、業務改善と顧客体験の向上を図るためにAIを活用しています。

今後の産業はAIの進化を軸にして、自動化・コスト削減・利便性と生産性の向上などが図られていくと考えられます。


今後のビジネス成長のカギを握るAI活用の準備はできていますか?

AIビジネスの国内市場は、2030年度に2兆円規模に

AIビジネスの国内市場は、2030年度に2兆円規模になり、2015年度の14倍になると言われています。

また、少子高齢化に伴い、2030年には労働力人口が現在より10%減少すると見込まれているため、労働力をAIで補填できた企業とそれに失敗した企業とでは、数十億円規模の収益の差が生まれると予想されます。

野村総合研究所の調査によれば、労働力が10%減少することにより約30億円の売上が失われるとされています。

AIの活用は、働き方改革や人手不足への対策として、幅広い業界で、他人事ではない課題になっています。

政府は2019年3月29日に有識者提案のAI戦略を発表。人工知能(AI)を使いこなす人材を年間25万人育成するという目標を掲げました。

このようにAIが今後のビジネス成長のカギを握ることは明確な事実です。


AI導入に対する「本質理解」の差が競争力の差に

もはや「AIを試験的に導入してみよう」という時代は過ぎ、様々な企業が、現実のビジネスにAIやディープラーニング技術を活かした事業展開を行っています。

国内外のライバルに後れを取らないためにも「AI導入」の本質を理解し適切に取り組む必要があります。

・AIとは何なのか、その全貌はどうなっているのか?

・AIを導入するためには何をすべきなのか?

・AIで解決できるものは何なのか?

・AIは自社のビジネスのあり方をどう変えていくのか?

これらを社内全体で正しく理解し、競合他社に先んじて、社内にAIへの深い理解と知識、リテラシーのある人材を育成することが、今後の競争力強化に直結します。

社内のAI人材育成に興味ある方は、ぜひ一度お問い合わせください。